<< 日本の伝統芸能 : main : GWのイベントその2 >>

TITLE : GWのイベントその1


世間では7連休のゴールデンウィーク、海外旅行もかなり多かったみたいですが。
私は、といえばいつものローテーション仕事を淡々とこなし。
といっても実勤時間は夜の3時間〜4時間と短いので昼間はいろいろ出かけてGWを楽しんだ。とりわけ、マイブーム&キイワードが「侍」「日本」「映画」。ラストサムライを観て以来、かなり傾倒しているのでその方面のアンテナを張ってたら福本清三さんの本を発見。ラストサムライでトムクルーズの警護役でハリウッドデビュー!という俳優福本さんの
サイト
を観て5/4に新風館中庭Re-Cue(リキュウ)ホールに行って来た。
京都東映撮影所は私の実家のすぐ近くにあって、小さい頃は日本映画、とくに時代劇はまだ沢山撮影されていたらしく、町内のうどん屋さんや麻雀屋さんにそんな人達がよく出入りしていた事を思い出して懐かしかった
このイベントの主旨も、世界のメディアでいま再評価の兆しのある、チャンバラ、時代劇の活性化に地域の皆さんにも参加して盛り上げましょう、みたいな。
私は生福本清三さん見たさの単なるミーハーと化していたのだが・・写真1.2は東映剣会、という殺陣(たて)チームによるパフォーマンス。音楽でもチャンバラでもいつもTV越しに眺めていたものが実際目の前でのLIVEだったのでかなり新鮮で楽しかった。
そして会場が移り、2部はジャズ演奏やゲスト挨拶、そしてなんと
真剣を使った「居合い斬り」写真3
バックのキルビル2のポスターがなんか可笑しい。
なんとなく殺陣に比べて演技もなく台詞もなく、地味な印象だったのだが
よくよく考えてみたら実際に切れる刀を扱っているのだ。ひょえー!
ふざけて演技出来る訳もないよな。
そしてゲスト挨拶で観た福本さん、女の人達のきゃあーって嬌声も上がって(目がハアト)一斉にカメラのフラッシュ!!かちょええおじさまでした。
posted by chizurubis  [ Diary ]  comments(2) trackbacks(0)

Comments

こんちわっ。
開設おめでとうござりまする(侍言葉)
私のじゅげむは友達の助けで成り立っております。
テンプレートはこれと同じだけど、見る影もなく改造されてるっしょ。
なにかお力になれることがあればいつでもどうぞ。
きっと私では力になれないとおもいますが(笑)
リンクありがとう。是非。
posted by miu  at 2004/05/10 6:41 PM
MIUさん、コメントありがとうございます
テンプレ−トが同じ?すんごいチュ−ンナップぶり!
私もすこしずつ学習してみたいと思います
よろ
posted by オ−マエ  at 2004/05/11 2:25 PM
 
 
 


 

Trackback   [ http://osakana.jugem.cc/trackback/7 ]