<< 信仰の現場潜入レポ : main : ミチザネに逢いに >>

TITLE : もうすぐ春

2月。この時期に例年恒例に情緒不安定になる。
とくに絶賛精神的凹み祭り、がやってくる
3月にお誕生日を控えてか憂鬱ピークになってくる。
うぉぉぉぉおん

ついこないだ携帯の機種変更をして(FOMAね)
i-channelというのに加入した。
待ち受けに新幹線の電光掲示板みたいに
ニュースが流れるやつ。
最初は面白いかな?と思ったんですけど
毎日のニュースこそが不安材料の素みたいな現実が・・・
ミノタスのお勧め図書で知った
「疾走」ていう本があるんだけど
かなり重い読後感の本
映画化もされとるらしい(DVDなったら買おう。)

主人公の少年が田舎から逃げて(家庭が崩壊、凄惨な事件の後)
東京で新聞配達をする、という場面の
「新聞は日替わりの不幸の詰め合わせ」、というコトバが
妙に心に残った。

弱い者、小さい生き物、コドモ、たちは
一番に病んだ社会の犠牲になってゆくのね
どこへゆくの未来?

先日「日本の子ども60年」という写真展に行ったのね
今は横浜で開催中です。
日本のこども60年展
戦後の焼け野原に居るコドモから現在に至るまで
様々なコドモの表情が圧倒的な存在感で観る者を揺り動かす写真展だった。

戦後から現代までを時系列に展示してあり
TVでも取り上げられたせいか、戦争を経験したであろう
年配の方々も多く盛況な写真展だった。
「あー、こんな事して遊んだなぁ、モノの無い時代やったんや」
と懐かしむ声があちこちから聞こえてたし。

原爆で被爆直後の親子、呆然と佇む虚無の空間。
時代と共にコドモも様変わりしてゆく興味深い写真が
満載!
森山大道、篠山紀信、アラーキー、著名な写真家の作品は
ひときわ光彩を放っている。

現代のコーナーで「アクターズスクール」のコドモ達の
スナップがあったんですよ
彼らの表情はすでに「商品」として自分を認識していた
天真爛漫な子供じゃなくね、鏡の前でフォトジェニックな
ポーズを研究しつくしているなと。

あと現在の作家が紙袋を被せて撮った子供達の写真も興味深かった
隣に住んでいても素性を知らない、
ご近所の情報が希薄な今を的確に表してたような。

写真ってある意味、動画より多くを物語るツールだと思う
その二次元から膨大なイメージが膨らむ、そんな一瞬を切り取れたら
いいなぁ、永遠のテーマとして。
その写真展の最初に「疾走」の著者、重松清のコメントが記してあった。
何も深く考えずに子供達の表情を観てください!
言葉は要らない、もうそれだけだよ、ていう文章
自転車と少年
私は子供の居ない人生だけど
今の時代、ほんと子供育てるの大変だろうな
せめて子供から観て「ケッ」と思いたくなる
大人にはなりたくない、それだけは
心に誓いたいと、ちっぽけな理想かしら?
posted by chizurubis  [ Diary ]  comments(5) trackbacks(0)

Comments

子供展観てみたい。
どの時代のというか、どの1枚が一番自分に重なるのか興味ある。
たぶん私くらいの年齢が、現代すぎる子供への過渡期かも。
家庭用テレビゲームが出たタイミングだし。
未だに子供と張り合おうとする大人になりましたが・・・。
posted by みのり  at 2006/02/20 8:48 AM
2年位前にダ・ヴィンチに掲載されてた重松さんの短編読んで
号泣したことが(しかも図書館で)
気にはなりつつもまだちゃんと著書を読んでないので
早く読まなきゃ、と思ってます。
ゴーストライター時代の作品も知りたいな。

自分の子供時代に当たり前だったことが今は難しくなって
きてる感じはすごくします。
確かに隣に住んでる人の素性知らないし。。。
ダメ親まっしぐらですね(;´д⊂)
posted by やっち  at 2006/02/20 10:25 AM
最近、更新すると
トラバのスパムが矢のように飛んでくる!!
嫌すぎ・・・

>ミノタス
アナタみたいな乙女の写真もあったよ!
渋谷109前とかの。
>家庭用テレビゲームが出た
そういう時代に生まれたんだ
私の生まれた頃は、まだ家にTVが無かった時代だからねw

>やっち

「疾走」読んでみて。
こんな事ってありか?とかなり
自分にも問いかけてしまう
ミノタスのお薦め図書、ヤられますよ

posted by オーマエ  at 2006/02/20 4:30 PM
いつの時代も「今の子供は・・・」ていわれ続けたのかしら?
なんて思います、古代エジプトの壁画に
「最近の若いやつは・・・」てかかれていた・・・らしい・・・。

自分も胸張れる様な大人にはなりたいです(遅っ!)
ぼかあ、小さいときではあったけど昭和が一番だと思うのです。
posted by tomonobu智信  at 2006/02/21 5:23 PM
>チシン

へぇエジプト壁画に?
そりぁ初耳だわ

昭和ね、この映画観た?
かなり懐かしかったー
http://www.always3.jp/

posted by オーマエ  at 2006/02/22 1:12 AM
 
 
 


 

Trackback   [ http://osakana.jugem.cc/trackback/67 ]