<< 渥美半島プチ旅行.前編 : main : 地下室の会ライブ@大阪knave >>

TITLE : 渥美半島プチ旅行.後編

う゛ああ、月日の経つのは早い!
もう6月前半戦がー戦わずして終了だ、あせる気持ちばっかりで!

旅行後編を書こうにもすっかり記憶からうすらいでいき
半分なし崩し的ねつ造モードはいってますが、
生暖かく見守ってくださいね

朝食@角上楼

そう、角上楼はほんと素敵なお宿でしたよ
日本の家屋の美しさを見事にキープしつつ、古い建物にありがちな
不便な要因は現代的にリフォームされている、
例えば部屋の床の下の暖房、冬なら格別に有り難いと思うな
さりげなく置いてある家具、調度品の数々もレトロで
ゆったりとした極上の時間を演出してくれ
当日のメイン、伊勢エビの会席料理は
美しくしつらえられた中庭が見える座敷でいただいた。
お部屋で食べるのかと思っていたけど
このほうがサービスするほうも段取りがいいし
部屋に帰ったら寝具がバッチリ整えられていたし・・・
個性的にデザインされた器に盛られて絶妙なタイミングでサービス
気さくでキップのいい仲居さんが「うちのオーナー、こういうの(器)こだわり屋さんで。
じつは洗うのたいへんなのこれ」ってぶっちゃけトークを!
訪れた時、ちょうど新館増築中だったが、口コミで広まったという評判、
かなりリピーターも多そう。

今回、「鳥羽−伊良湖」をフェリーで渡ってみた
渥美半島に行ったのはじめてだし

フェリー船上より

伊良湖をいらごと読むのもはじめて知りました
半島を移動するのに乗った
ガラ空きのバスは、乗車口に鉢植えがちょこんと乗っている!
心配になって
運転手さんに訊いてみた
「夏はもっとお客さん多いんですよね」
「ええそりゃもう!」
よかったーいまはまじオフシーズンなのかー
翌日、同じルートでの帰路途中
事前に検索して気になっていた鳥羽駅ちかくの
「はまなみ」というお店に立ち寄る


HPがあって、伊勢エビや海産物のネット販売もしていたので
お土産を買うために覗いてみたんだが
そこでは元「海女」のおかあさんが店を切り盛りしてて
極上の海の幸を網焼きで食べさせてくれた
噂の「大アサリ」、ジューシーでまじウマー!!
調子に乗ったオイラ達、伊勢エビをお土産にご購入!
発砲スチロール保冷パックにいれて置いてたら
ハコごと大暴れ!冷静に考えたら残酷だよなあ
活けパック輸送って・・・・

そして最終目的地、伊勢神宮に向かう
今回あんまし時間も無かったので
外宮はスルーして内宮へお参りしてみた

五十鈴川

大昔に修学旅行で行ったことのある土地だけど
オトナになって訪れてみると
聖地な佇まいがしっかり息づいている場所。
五十鈴川を越えて鳥居をくぐっていくと
樹齢ン百年、いやン千年はあろうかという
巨木が生い茂り、どんどん空気が澄んでいく
人々の祈りや信仰の宿る場所はやはり
神々しい気配が満ちていた。

神楽殿

帰りは境内の外でお約束の伊勢うどんと赤福餅を食べ
おかげ横町はちょいあざとかったけどね
5:00pmくらいでまだ斜めの日射しが眩しいけど
こういう所って「一斉」に閉店するんだよね
てやんでぇ!
もうちょっと早く来るんだったな、急に寂しくなるじゃないか!
でも、
これでこころおきなく京都に帰れます
ありがとうお伊勢さん

秘宝館に行かなかったのはザンネンだが・・・
posted by chizurubis  [ トラベル ]  comments(5) trackbacks(1)

Comments

はぁ〜すごいキレイー!
なんだか昔新婚旅行のメッカってゆうのもわかりますね。
なんか陰陽師とかどっかに隠れてそうです!

秘宝館・・・昔群馬の温泉街で行きました・・・
はじめてみた時はカルチャーショックでした!

大人がこうゆうの造っていいの?・・・って・・・
勿論入り口などでばしばし写真を撮りました(゚∀゚)
posted by マキ  at 2005/06/14 10:39 AM
>マキちゃん
(・∀・)秘宝館!いったのす?エロス!
伊勢のは馬の交尾ショーとかあるらしいよ!
こんど一緒にいこうよ
posted by オーマエ  at 2005/06/14 12:43 PM
本筋と関係ないかもしれませんが…空の色がすごくきれいに撮れてますね!
うっとりしてしまいました。
posted by kokorosha  at 2005/06/20 10:18 PM
>kokoroshaさん
ありがとう!
後ろ3画像はレンズがカールツァイスで
CONTAXマニュアル一眼なんですよ
なので空の色があんな風に・・・
posted by オーマエ  at 2005/06/21 12:39 AM
今頃すんません、昨日はお疲れさまでした。
私も空の色に感動!
我が家でも休日の朝ごとに旅番組見て、「いつか・・いつか・・」
とあっちゃこっちゃへ夢ばかり膨らませてます。
posted by あかしなおこ  at 2005/06/26 11:22 AM
 
 
 


 

Trackback   [ http://osakana.jugem.cc/trackback/42 ]

フェリー
フェリーフェリー(カーフェリー、Car ferry)または自動車渡船・自動車航送船)は、旅客や貨物を自動車ごと運搬できるようにした船舶(商船)のことである。離島においては生活物資や人員の輸送に必要不可欠なものである。尚、鉄道連絡船については、別途記載する。Wik
フェリー&港 ガイド  at 2005/06/11 8:56 PM