<< 真夜中の弥次さん喜多さん : main : 新緑の季節 >>

TITLE : ただ電車にのっていただけなのに

昨日からのJR脱線事故のニュースに釘付け、夜中じゅう
NHKの画面をぼんやり観ていた。
快速電車が突っ込んだ兵庫県尼崎市のマンション1階のガレージ
アメのようにひしゃげた車両のスキマに固定カメラ

レスキュー隊員の救助もかなり困難を極めていそうで
もう十何時間も修羅場に身を置いてかなり疲労もピーク越えだろう・・
私には想像することしか出来ない、ただむなしくぼんやりと。
ネットでもいろんなトピックを廻って観たけれど
運転手が23歳、運転歴11ヶ月、オーバーランというのが注目されている
あと
JR西の責任と置石原因では被害者に支払うお金が違ってくる諸説・・

JR脱線事故

JR 西日本の経営とは
旧国鉄からの大きな債務もあり、ドル箱路線の東海道新幹線をもつJR東日本に比べ
かなり経営基盤が弱い、ということらしい
「競合する私鉄との競争に勝ち抜くため」
事故のあった福知山線は私鉄の阪急宝塚線と路線が競合。沿線に住宅地も多いことから、
急成長路線と位置づけられ、「サービスをさらに強化する」ため、
東海道線に乗り入れる尼崎駅までの線区はダイヤが過密となり、
「定時運行が最大の誇り」(JR西日本OB)の運転士にとって、
精神的に大きな負担になっていた可能性は否めない。
_____________________________

JR西日本の戦略は輸送のスピードアップ
阪急より値段も高いがこちらは速さで勝負!
その為に列車を増発、そして秒単位で遅れの調整を
運転手に要求、これを「回復運転」として日常的にやっていた現実


今回の事故は、
現代は誰でも日常に使う通勤電車にも
危険は潜んでいる、ということか?
いや、現在の情報伝達の速さ、
輸送、物流システムの信じられないスピードアップさを
もういちど見直す重要な機会になりはしないか?

なにもかも速すぎる!みんながあせっている、と
感じるのは私だけ?

いったん流れ出した時間は元へは戻らないとしても
無理を強いた日常の積み重ねがこんな結果を招いたのでは?

深夜4時過ぎ。流しっぱなしのTVの画面からまた毛布にくるまれ、
担架に固定された遺体が運び出された。
「ただ電車に乗っていただけなのに」と静かに手をあわせるレスキュー隊員の
言葉がココロに引っ掛かった。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします


posted by chizurubis  [ 事件 ]  comments(2) trackbacks(0)

Comments

分刻みで死者の数が増えていくのを見ると
いまある日常も、今、流れていく時間も
すべて過ぎた瞬間、かりそめなんだなーと思います。
企業の体質の見直しもよく考えさせられた事件だけど
それ以上に「生の保証」について考えさせられますね。
「ただ電車に乗っていただけなのに」って言葉
その「ただ」が死につながることもあるってことを
端的に表してますね。
posted by みのり  at 2005/05/02 11:08 AM
>みのりちゃん
JR西日本の社長達が亡くなられた107名の自宅すべてを
訪問してゆく、というニュースをやってましたね
映像で息子を亡くしたお母さんが
社長に「変革をお願いします」と言っていたのが強烈でした
声を荒げていないぶんよけいに響きました
posted by オーマエ  at 2005/05/03 11:57 AM
 
 
 


 

Trackback   [ http://osakana.jugem.cc/trackback/37 ]