<< 淡路島プチ旅記 : main : 明治村 >>

TITLE : エスプリ

エスプリは、フランス語のesprit の音写。
精神、知性、才気などの意味の他、霊魂などの意味もある(Wikiより抜粋)

節分も過ぎ、立春ですが
先週は激しく寒かったですね
生命の危険を感じるくらいに。

いまさらながら
12月のLIVE 思い出しながらwレポを
これは記しておかないと、なイヴェントが2日連続だったので

まず
めでたく15周年を迎えたA Hundred Birds Orchestra
12_24_5.jpg
photo by chihaya

今回、改めてハウスを大人数で奏でる醍醐味を堪能、というか
会場に居たお客さんも演るほうも、スタッフも一体感が増して
渾身のステージが務められました

当日のDJはkaoruさん
これまた私の大好きな極上の空間を創りだしてくださるお方
12_24_2.jpg
photo by chizuru

今回はFlickrのお友達、chihayaさんがLIVE撮影してくださいました
ありがとございます

12_24_4.jpg
photo by chihaya

出陣前のエレベーターの中ショット、
今回は打楽器ブースにアクリル板パーテーションを挟んで
12_24_3.jpg
photo by chizuru

廻り込みも減ってPAがすっきりしました。

圧巻の人海戦術、手抜き無しw
毎年DJ YOKUさんの指揮っぷりを眺めると
ほんと、楽しくて
ぁあ、参加して良かったなぁ、と思うのでした

そしてイヴが明けた25日

フレンチ・シャンソン歌手、ワサブローさんのLIVE。

実は、最初はベースの中島かつきくんがオファーを受け、彼が車で音源を
聴いていて。
で、そこに同乗していた私は
自分から参加したくて熱烈なラブコールを。

駄目元と思っていたらご本人から
「何かのご縁でしょうから」と快く参加させてくださることに。

それは今までの私の知っている日本製のシャンソンとは似て非なる
キメラのような音だった。

躍動するリズム、複雑なポリリズム、そして縦横無尽なしなやかな声
日本語とフランス語、その垣根の無さ、唯一無二さに驚くばかり。

なんでも30年以上フランスで音楽活動をされていて
最近日本に、地元である京都に戻ってらしたそうで。

人の御縁は不思議なものです

12_25_1.jpg
その日のMojo west 満杯の客席の中
摩訶不思議なワサブローさんの世界が繰り広げられて行く

参加メンバーも超豪華
12_25_2.jpg
久しぶりに再会したジュスカ・グランペール
親方のTOMMY、かっちゃんとは2日連続でLIVE演れて嬉しかったし。
ギターの巨匠、溝淵さんのプレイも久々に堪能させていただき

なんと寸劇コーナーもあり
SHIHOさんという美声のシンガーとのコラボあり、
12_25_3.jpg
バラエティに富んだステージング

私は飛び入りのくせに2曲もご一緒させていただきました
アンコールの「愛の讃歌」と

そして「小さな花」
この曲のデモ音源は、アンジェリーク・キジョーだったのですよ
AHBで最も多く演奏してる「BATONGA」の本家!
ここにもなぜか繋がりを感じてしまいました

あと、とても楽しかったのが「俳句」という日本語のオリジナル曲
大人の哀愁と可笑しさがにじみ出る秀逸な楽曲
しかも覚えやすいリフレイン
ご本人Blogに記されているが
日本語、という楽器を奏でて新たな境地に突入された模様

あー、楽しかった

また
2012年も素敵な出会いがありますように!!

posted by chizurubis  [ Music ]  comments(0) -

Comments