<< おんがくじょし、しゃしん部 : main : 3.11 >>

TITLE : 紀州の梅

いつものように過去日記ですがw
2月19日、和歌山で営業仕事
某会社の50周年イベントでのLIVE
和歌山の親友理恵ちゃんがvocalで私とかっちゃんが京都から
そして大阪から「竹田達彦」氏が来てくれました
たっちゃん、久しぶりに競演出来て嬉しかったDEATH
2_19_1.jpg
↑写真は機材(ドラムセット一式)を完全独りで、ひもで結わえて運び搬入撤収する様子をレポw
Playも素晴らしいけどその段取り巧みの技に感激しました

仕事は19日に完了したのですが
せっかく和歌山に来たしちょいと足を伸ばして観光をしたいので
翌日、みなべ梅林方面に車でドライブに
車を走らせてくれた理恵ちゃん、いつもありがとー
日本一の梅の産地みなべは丁度
梅祭りが開催中で日曜だったのもありかなりの混雑っぷり
駐車場に入るのも待ち時間が発生、でも元野球場だった場所に停めて
minabe_b_1.jpg
スコアボード越しの梅が咲き誇っていていっきに和みました

梅林園内さすがに日本一の規模だけあって広大な敷地内は
どこまでも梅の木が続く
満開になると「まるで雲海のように見える」そうです

minabe_b_4_4.jpg
↑園内針穴
梅林の高台まで結構な登り坂ですが道の両脇に
地元の方達による出店もずらりと並んでお祭りムードがヒートアップw
minabe_b_3.jpg
梅干しをはじめ、梅酒やら梅キャラメル、いろんなお土産を購入してみましたが
とても美味しそうなブロッコリーもゲトw minabe_b_5.jpg
↑あまりに綺麗だったので茎も全部調理、美味しくいただきました

今回、理恵ちゃんのお父様からNIKONのフィルムカメラとレンズ2本を
「もう撮らないから使って」と渡されました
最近、いっきにfilmカメラが増量、嬉しい悲鳴あげてます
minabe_b_2.jpg
↑これは標準ズームレンズ
で80-200mmレンズで撮ったのが
2_20_6.jpg
↑道端に群生している水仙たち
和歌山の太陽は植物におおいなる光の恵みを注いでいるんだなぁ

梅の花見だけなら「北野天満宮」とかのほうが外見華やかですが
みなべの梅は
実は梅の花が散った後がいよいよ本番、
赤いガクの中で小さな実が日毎に成長、やがてガクとオシベを脱ぎ捨てて
産毛とともに幼い実が出現!!
みなべの農家さんのHPで 梅の子育て日記
興味深く拝見しました
幼実はとんがってるんですね
知らなかったw

いまから新緑の季節、降り注ぐ紀州の太陽の恵みで
すくすく育って欲しい

2_20_7.jpg
↑白良浜の夕日と共に
そして決め台詞をいっときます
VIVA,和歌山!!
posted by chizurubis  [ Diary ]  comments(2) -

Comments

南部梅林…レポートうれしかったです(^O^)
「陸の孤島」 「近畿のおまけ」…等と言われてる和歌山ですが結構イケてるとこもあるんで また次回っ!是非っ!
posted by タマちゃん  at 2011/03/20 8:58 PM
>タマちゃん
いやいや、今年も足繁く行きたい土地っす
よろしくお願いします!
posted by chizuru  at 2011/03/23 1:41 PM