<< meets in Tokyo #2 : main : AHB Orchestra 2010 >>

TITLE : "ABOUT" CLOSING PARTY "GIFT"

about_2.jpg
すっかり過去の日記祭りになってて恐縮です
でも
今年の出来事今年のうちに記録しないとw

12月11日は大阪、福島へ
初めて伺った現場 パインブルックリン
は変幻自在のレンタルフリースペースな建物
そこで行われた 田口行弘さんの個展のクロージングパーティで
TeNでLIVEしてきました
YUKIHIRO TAGUCHI"ABOUT" CLOSING PARTY "GIFT"
DJ:Ageishi(AHB Production) SOUND:SlimChanceAudio Party
Candle Installation:ghetto:wax

彼は 2005年からベルリン在住だそう
なんかプロフィール眺めてたら改めて凄い人なんだw
1000枚越えの写真を駆使、ストップモーションの手法で
ギャラリーの床板が動いてゆく作品は圧巻で
国際アートトリエンナーレ大賞をとったそう。
DVDにもなってます

最近、香港で自らが海に飛び込むシーンで廻りで観ていた人に自殺だと勘違いされて
地元のニュースになったり、と
身体を張ったパフォーマティブな強烈なインスタレーションが
かなり面白いです

こういうぶっとんだ人を眺めて改めて
アート、という名の下に自分をOUTPUTして人生全う出来る稀な人って
やっぱり存在するのね、なんて思ってしまって。
このエントリ描いてる前にちょうど清志郎さんのドキュメントをTVで観て
ゴッホがアイドルだったなんて彼もアートし続けた人間だなぁと思った

この日はTeNちゃんと田口氏のコラボシーンもあって
リハからワクドキでした
about_4.jpg
始めは白い紙越しにTeNのシルエットを映し出し、
その後、ハサミをいれて私達が現れる、という趣向
その日、トリで出演のNabowaさん、リハ風景
about_3.jpg
優くん、ピアニカ決まってるー

リハ終わりで彼らと一緒にご飯に出かけたが
お目当ての 花くじら は土曜日の夕飯時だったこともあって2時間待ちw
福島界隈、なんだか楽しそうな飲食店目白押しですね
こんど、是非リベンジしたい、と心に誓いました

田口さんの展示は
TVモニターを中心にいろいろなヴァリエーションがあって
about_1.jpg
↑こちらのスケッチ張り巡らされた壁を眺めていたら
彼の頭の中を覗いているような不思議な感覚に!
日本人のスケールじゃ計り知れない!と思いました
ヨシコちゃんとネイトのキャンドルも
凧糸で吊るされて凄く素敵なシャンデリアに!
about_7.jpg

遊び心満載な夜を過ごせました

あとLIVEの最後に演った曲、The Corridorは私が描いていた
イメージとほぼ同じ映像が田口氏作品のTVモニターで流れてて
軽くびっくりしました
about_8.jpg
アートの現場では
時々こういう不思議なシンクロ体験が起こりますね

posted by chizurubis  [ art ]  comments(0) -

Comments