<< お手芸の時間 : main : these ancient rocks #2 >>

TITLE : these ancient rocks #1

えーと
また滞りがちでしたねここ

時間の有効な使い方をだれか伝授して欲しいw

このところ岩にまつわる場所に吸い寄せられてた感のある私
少し時間を巻き戻しまして。

Flickrの知人、k嬢が連休を使って関西にいらしたので
平日昼間、自由のきく私は彼女と奈良へ足を伸ばす事に。
京の隣といっても奈良には疎い自分と関東からの客人
k嬢、初めてツアーにはいささかの不安もあったのだが
とにかく
飛鳥歴史公園に辿り着いた
今年って夏から急に冬仕様になったじゃないですか

9月なかばだった
その日の飛鳥はかなりの暑さ

そして二人はレンタサイクルで一路
石舞台古墳をめざすことに

彼岸花の咲く秋ののどかな田園風景なのに!
朝の雨で湿度が高いうえに午後から日差しが照りつけ
そして慣れないチャリで地図を片手に
アップダウンがキツいコースを走り
どっぷり滝汗状態w

それでも辿り着いた
高松塚壁画館は
精巧に再現されたレプリカが観れて
とっても見応えあって良かった

四つの神
↑この庭のモニュメントも
壁画に描かれていた四つの神

中国天文学では
天球を赤道に沿って4つに分け
これらを青竜玄武白虎朱雀と呼ぶ。らしい

と、そんな事もこの壁画館にはいらなければ
ナンのこっちゃ?な私でしたもの(無知杉)

高松塚は
考古学史上まれにみる極彩色壁画の発見ということで
いっきに国民に認知された場所
壮大なプロジェクトで今も保存、メンテ中みたいですね
中の人おつかれさまです

その後、チャリを駆け、今回のk嬢の一大ミッション
石舞台古墳を拝みに行った

↑35mmフィルムバージョン

↑pinholeバージョン
蘇我馬子(そがのうまこ)の墓と伝えられる日本最大級の方墳
今から1300年もの昔によくこれだけの巨岩を
積み上げて造ったなぁと思う

↑露出足らないけど内部はこんな感じ
でも、ふと思い出した
うちの実家のすぐ近くにも似たようなの、ありますよ
その名も蛇塚古墳
全然認知度低いし、廻りが普通に民家に囲まれていて
変な感じです。今はフェンスがあって立ち入り禁止ですが
昔、ここに昇って遊んで次の日風邪引いた思い出が。
祟り?

この後も
岩に導かれたシリーズがしばらくつづきますw
とにかく飛鳥は岩石がそこかしこに
これは亀石とk嬢
亀石とk嬢
posted by chizurubis  [ nature ]  comments(2) -

Comments

渋好みツアーの全貌が、ようやく明らかになるのですね&#8252;
続きが楽しみだー(笑)

いや、ほんとに過酷なお散歩にお付き合いいただき恐縮です(;´Д`A
でも、私はとーっても楽しかったです&#8252;
ありがとうございました&#9825;

私もブログにUPしないとなー。
チャリに乗るチズル様をみなさまにお披露目しないと♪
posted by こぐ  at 2010/11/10 10:08 PM
こぐさん!お返事遅くなってごめん
波乱の珍道中でしたね
その後のミッションも珍すぎてw
また遊びましょう是非に!
posted by chizuru  at 2010/11/16 6:51 PM