<< そして芸術の秋 : main : these ancient rocks #1 >>

TITLE : お手芸の時間

「押忍!手芸部」が京都で初開催されるとあって
興味津々で参加してきました

10月13日、場所は鴨川沿いのefish

ロケーション抜群のおされカフェで
いったいどんな手芸を教えてもらえるんだろう?
10_13_1.jpg
↑efishの金魚たち
実は今、大阪HEP FIVEで「押忍!手芸部」のエキシビジョンが開催中
その合間を縫って部長の石澤彰一さんが出張、熱望された京都での初ワークショップという訳

元は
部長の飲み仲間の男子数名で発足されたそうで
お茶目でキュートな40代の男たちが
数々の手芸テクニックを生み出し、伝説に残る作品を作り出してきた、らしい。

生徒は10名、女子に混じってお手芸をやる気満々な男性も集まっていた
10_13_3.jpg
ほどなくして部長は颯爽とド派手な格好で現れた。
しなやかでエレガントな身のこなし、凄いオーラが!!
カーリー假屋崎やマジー真島クラスw

色とりどりな毛糸や糸、作業道具をさっと並べて
「今日は靴下を使って、こんなのをつくりまーす!」
サンプルのふにゃんとした人形らしき物体を操っていろんな
パフォーマンス
和やかでスパイスの効いたトーク
ガタイが良いのになんとお茶目でキュートな方なんだ!
このドンシャリ感も魅力的w
そして、針を収納してあるケース激ヤバい
10_13_2.jpg
思わずシャッター押しました

基本、なにもかもフリーハンド、失敗してもそこから
別の作品にも出来ちゃう、すべてアナログでちくちく縫ってゆく
手作業、みんな無邪気に、そして夢中に作業に集中

その様子をEOS 7Dで撮ってる
efishのオーナーのつかささん、
初めてご挨拶させていただきましたが
笑顔の綺麗な美しいひとです
そのオーナーに撮っていただいた一枚
10_13_4.jpg
↑足の部分を制作し終え、部員で手に装着してピースサイン
私は時間が無くって途中で抜けたんですが
皆さん、あれから仕上がった作品を誇らしげに
持ち帰ったことでしょう
これが私の「たべるくん」です
10_13_6.jpg
家にあった布ハタキくんと一緒

部長、楽しかったです、押忍!!

あ、そうそう当日の部長のジャケットが 赤いいちご柄でした 10_13_5.jpg
もちろんお手製、ヤバ過ぎ!
posted by chizurubis  [ art ]  comments(2) -

Comments

すごい!生活感なさすぎですね・・・

私にとっての今現在の手芸は、
いかにハザイを活かすか、使えるか(笑)
生活そのものにド密着してます。

手芸部かぁ。ファンタジーですね☆夢あるなぁ。
posted by あかし  at 2010/10/16 10:09 PM
>あかし
ひさしぶり!
あなたなら、ハザイで見栄えの良い
可愛いものにリユースしちゃうんでしょうねー
それこそが手芸の鏡ですぞ

posted by chizuru  at 2010/10/17 11:42 AM