TITLE : 和チュピチュ&久美浜


秋も深まってきたところでAHBひとりっこ会、今年ファイナルが開催されました

今回は久美浜を目指すルートでその前に
竹田城跡」はどう?というみのりちゃんの提案

なんでも
秋の晴れた条件の良い早朝、標高354mの山頂に位置する城跡の石垣が
雲海に包まれるという幻想的な光景が立ち現れるらしい
なので今回の撮影、本気モードな夜明け前出発、京都から車で数時間走り、
到着してみて一同唖然、まだ朝なのに溢れんばかりの車と人。

駐車場には長蛇の列w
熟年層から若いカップル、私らみたいな撮影グループや家族&ペット連れやら
なんじゃこりゃーっと叫びたくなる混みっぷり

kumihama_b_4.jpg
photo by me ptsix TL
↑登り口の杉木立、まだ早朝です
雲海に消えて無くなられては困るので急いで登山開始
いやー、カメラ携えての早朝登山、キツかったー
それでも登頂して眺めた光景は本当に壮観でした
テントも張ってあったのでガチな撮影は泊まり込みするみたいです。
今年高倉健さん主演の映画に出て来たそうで
だから一気に観光地化しちゃったみたく、駐車場が全く足りてなかったぜ。
私は売り切れてろくな写真が撮れずでしたがw

こういう写真はモノクロの広角がバッチリ決まるなぁ
kumihama_b_3.jpg
photo by shigeki

最近彼は自家現像始めたそうでますます冴え渡るライカM5
そしてアンダー目な仕上がりがE感じ

登山を終えて麓に降りて車を走らせていると
コンクリート工場の廃墟発見
おいしい物件には目がない三人、
朽ちた金属、建造物、風化した部品たちに群がりシューティングまくりw
kumihama_b_5.jpg
↑photo by minori
ローライの写り、さすがです

そしてランチは兜山の中腹にある Reception Garden

kumihama_b_1.jpg
photo by me NIKON FM2
店内から久美浜湾が一望出来る心地よいカフェ
Bshopの商品も置いてあり
スタッフさんが全員ボーダー柄w着用

「くるみの木」もそうだったけど
何故おされカフェはボーダー率が異常に高いのか?w
いつか検証してみたい。

かなりゆったりランチを満喫、そして次のミッション
ミルク工房そら に寄って
久しぶりにジャージー牛と再会を果たす!
この日は団体さんがバター作り体験中で
みんなお外で容器を振り振りしてた。

ここの動物達の可愛いことといったらハンパない
kumihama_b_2.jpg
牛はもちろん、猫にヤギ、羊に犬、みんな
愛されて育っている表情にこちらも癒される。

kumihama_b_6.jpg
photo by minori
↑土手の斜面に猫ちゃんが。カメラ目線w

だいぶ陽も傾いてきたので

最後に稲葉本家を見学。

久美浜ー豊岡の鉄道を開通させた豪商の邸宅は
一歩入るとありえない太さの梁がいくつも見えて
家具調度品、庭もすべてが
当時の隆盛を偲ばせる素晴らしさでした
久美浜、蟹が解禁前だったのが心残りだったので
また冬に是非リベンジをしたい。
みのりちゃん、車の運転、いつもありがとー

最後にドラマチックな兜山の光景を
kumihama_b_7.jpg
photo by shigeki

posted by chizurubis  [ Photo ]  comments(4) -